遺産相続した土地を売却する

遺産相続した土地を売却する際、どんな問題が出てきますか?その解決法とは? - 遺産相続した土地を売却する

遺産相続した土地を売却する

brsthrshts遺産相続で土地を売却するという方もいらっしゃるでしょう。
実際に、相続した土地を売買する方も多いようです。やはり、相続税などの問題も大きく関係しているのでしょう。
そこで、今回は相続した遺産を売却することについて考えていきましょう。

譲渡所得について

相続した土地を売却するということは「現金化をする」という事にも言い換えられます。
これを「譲渡所得」といい、所得税の課税対象となりうる場合があります。
胃酸版活においての「換価分割」においても同様となっていまする
この譲渡所得とは、取得費・条と費用を差し引いた形で計算をします。

取得費とは

相続した土地という視点で考えると、被相続人が買い入れた時の代金・手数料などを基準に計算を行います。

譲渡費用とは

土地を売却するために施術した費用のことを言います。
仲介手数料・登記費用・測量費・売買契約書の印紙代金などの一切を含めます。

特別控除について

相続した土地の売却における譲渡所得金額の計算上、特別控除が受けられる場合もあります。
以下その種類について見ていきましょう。

  • 公共事業などのために土地を売却した場合は「5000万円」の特別控除がなされる。
  • 居住用財産を売った場合においては「3000万円」の特別控除がなされる。
  • 特定土地区画整理事業などのために土地を売却した場合は「2000万円」の特別控除がなされる。
  • 特別住宅地造成事業などのために土地を売却した場合は「15000万円」の特別控除がなされる。
  • 農地保有の合理化などのために土地を売却した場合は「800万円」の特別控除がなされる。

このようなガイドラインがあるのです。
特別控除角煮ついてですが、その年の「譲渡益」の全体を通して、合計「5000万円」がその限度となります。
5000万円に達するまでの特別控除額の控除は、上記の順に行います。

相続税が取得費に加算される特例

相続した土地を一定期間内に譲渡した場合には、相続税額のうちの一定金額を取得費に加算することもできるのです。
とはいえ、この特例を受けるためにはいくつかの条件があります。
その条件は以下のようなものになります。

  • 相続の遺贈により土地を取得したものであること。
  • その土地に相続税が課税されていること。
  • その土地を相続開始のあった日の「翌日」から相続税の申告期限の「翌日以後3年」を経過する日までに譲渡していること。

以上のものを満たしている場合、特定を受けることが出来るでしょう。

平成21年・22年に取得した土地の長期譲渡所得の特別控除

個人または法人が平成21年・22年に所得した土地を譲渡(所有期間5年を超えているもの)の場合、そのどょうと駅から1000万円を控除することが出来ます。

土地の売却について分からないという場合

人生において、相続をするですとか売却をするという機会はそう多いものでは在りません。
ですから、特別控除の仕組みや土地に対する扱いが分からないという方も多いでしょう。
そのような場合は、やはり専門家に相談をされるのも良いかもしれません。
今では、無料で土地の一括査定や相談を実施しているところも多いので、活用してみると分かりやすく進めることが出来るでしょう。

相続の際に知っておきたいこと

土地を相続し売却をする上においては、先のような特別控除などが受けられる可能性もありますので状況に見合ったものを取り入れていくと負担も軽く済むことでしょう。
ベストな手段を選択していきましょう。

Copyright(C)2016 遺産相続した土地を売却する All Rights Reserved.